eチケットを使えば登場もより安心できる!

- eチケットを使えば登場もより安心できる!

たくさんのマングローブ林

eチケットを使えば登場もより安心できる!

飛行機に乗るとき、ついつい航空チケットを家に忘れてしまったなんて経験ありませんか。前もって買っておくとついつい起こりがちです。

今では、格安航空券も広まりますます飛行機の利用が広まりました。それにともない航空チケットも変わっています。
その変化で知らないといけないのが、eチケットです。ここでは、国内で普及してきているeチケットについて見ていきましょう。

システムに記録したもの

航空チケットは、紙に日付や便名が記載されています。これを持たないと飛行機に乗ることができません。ついついどこおいたっけなんてことにもなりがちです。
しかし、そうしたことや紛失を防げる、安心して乗れるという方法として、eチケットが登場したのです。

予約をすると確認番号などがメールにて、申し込み者のもとへ送られてきます。このときにはeチケット控えという形で送られてきます。
実際にeチケットは、予約した内容を航空会社がデータとして保持しているものです。
利用者は事前に旅行代理店などで発券してもらう必要はありません。なので、できれば送られてきたeチケット控えはプリントアウトしていた方がいいのですが、持たなくても飛行場へ行っていいのです。

チェックインは可能

飛行場へつけば、自動チェックイン機へ向かいます。そこで、スマホやタブレットなどからメールを確認して、そのなかにある予約番号や確認番号を自動チェックイン機の指示に従い、入力します。するとここで、eチケットが発券されます。
あとは、手荷物を預け、保安検査を通過して、搭乗口へと向かうだけです。
そして定刻が来れば搭乗して、出発となります。
荷物を預けるときや、保安検査場や搭乗の際に使います。

今だと、eチケットの対応はほとんどの格安航空会社、さらに大手のANAやJALで対応しています。
さらにインターネットの比較サイトでも予約したときには実際に航空チケットが送られてくるのではなく、このeチケット控えの形でメールが送られてきます。
なのでeチケットについても、これまで利用したことがなくても知っておいた方がいいのです。

予約番号がわからなくなっても

万が一プリントアウトしていた控えを空港でみつからなくなったとしても、安心してください。データとして記録されているので、空港カウンターで事情を話して、さらに便名や時間を使えれば発券してもらえます。あとの流れは先にのべた通り変わりはありません。

国内の旅行では格安航空券が必須となってきています。eチケットの仕組みも知っておけば、より安心して搭乗できるでしょう。