格安旅行を快適に楽しむためには?搭乗時の注意点から機内での過ごし方まですべてご紹介!

- 格安航空券を使ったときも快適に乗りたい!

たくさんのマングローブ林

格安航空券を使ったときも快適に乗りたい!

飛行機を使えば、短時間でもかなりの距離を移動できます。国内の旅行では、ぜひ利用したいところです。
さらに今では格安航空会社もその数を増やしており、選択肢も多くなりました。
しかし、乗り心地や快適さで残念ながら、不満になりやすいのは大手のJALやANAよりも格安航空会社の方です。
そこで、ここでは格安航空券でもより快適に乗る方法、及びについて詳しくを見ていきましょう。

不満が出てくる場面とは?

長い道のり

格安航空会社の飛行機でも、基本的には搭乗の流れは大手の場合と同じです。チェックインから保安検査を行い、搭乗となります。

しかし、チェックインでも手間や時間がかかりやすいです。また設備が大手よりも見映え的に劣ることもあって、快適にならないケースがあるのです。
また、搭乗もバスに乗り換えや外に出ることによって、雨や雪に濡れてしまう、寒い、暑いなどして不満になるなんてこともあるようです。
あと、搭乗しても座席間が狭いというのが最も不満に繋がりやすいようです。

飛行場に早くつくことで快適に

格安航空会社の利用者もますます増えています。さらに地域の飛行場となると、格安航空会社の路線が少なくなっており、その分利用者が多く、チェックインや保安検査場通過で混みやすくなります。そのため、それぞれの通過に時間がかかり、時には締め切り時間に間に合わないため、乗れないこともあり得ます。

そうならないために、まずは早く飛行場に着くようにしましょう。そうすることで混雑を避けることが可能です。また締め切り時間に間に合わないというプレッシャーや不安を回避することができます。
あと初めて利用する格安航空会社の場合、専用カウンターが見つからない、探すのに時間がかかることもありえます。
そんなときも早く着いておけば、やはり探すのにも時間をかけれますし、締め切りの不安も回避できるのです。

搭乗した後の快適にするポイントとは

あと、いざ搭乗ですがバスに乗り換えというケースもあります。なので荷物も重かったり大きいと、その持ち運びで大変です。できる限りはコンパクトに押さえるようにした方が、快適に繋がるでしょう。

それから、いよいよ機内となります。その際もやはり早めに入るようにしましょう。その方が、荷物も座席側の収納スペースに置けるようになります。遅くなると収納スペースが狭いために、座席から離れることがあるのです。そうなると難儀だなと不満を持つのです。なので、早く飛行機内に入り、近くの収納スペースを使うようにしましょう。

そして、座席に座るのですが座席間は狭いことが多いです。しかし、格安航空会社とはいっても、座席には区分やランク分けが用意されています。区分も料金により上がってくるというわけです。
区分が上がれば、それだけ足元のスペースが広くなったりして、乗り心地がよくなり、快適に繋がるのです。

そして、座席に座るときも家族やパートナーがいればぜひ座席指定をしましょう。数百円前後と追加料金も掛かりますが、やはり家族やパートナーが側にいれば会話もできて楽しめますし、また小さなお子さんの場合には目が行き届いて、親としては安心できます。またお子さんも初めてのときなど、不安も起こることもあるので、やはり親がそばにいると安心できるはずです。座席指定の追加料金は人数分掛かるため、せっかく格安航空会社にしたのにと思うかもしれませんが、実は指定した方が快適に繋がるのです。

その他では何ができるのか

その他としては、マスクやアイマスク、あめ玉、音楽プレーヤーや本などを持ち込むといいでしょう。寝るのも快適になったり、気圧の変化による体調不良対策や乾燥の対策になりますし、時間も潰しやすくなります。

国内の格安航空券を使っても、あと少しの追加料金や道具を使うことで、実は快適になることを覚えておきましょう。